ご存知、日の丸JAPANの体操男子選手の日本のエース、
2004年アテネオリンピック(五輪)で28年ぶりの団体総合金メダル獲得に大きく貢献しました、
冨田洋之(27=セントラルスポーツ所属)が今季限りで現役を引退表明、

冨田選手は、体の線が美しい演技を得意武器に、アテネオリンピック(五輪大会)で種目別の平行棒で銀メダル獲得。
今年も北京五輪団体総合も銀メダルを獲得した。

2005年世界選手権では日本選手31年ぶりの個人総合制覇を果たし「体操ニッポン・Nippon」復活の立役者としてしられている。

引退後も色んなところで活躍されることを期待しおります。
長い間本当にお疲れ様でした。

金メダルリストへ 心温かいご声援をさせていただきます。