がん細胞だけを「狙い撃つ」。
正常細胞を傷つけない、からだにやさしい治療法。樹状細胞ワクチン療法は、自分の細胞を使って作製したワクチンを用いる、
からだにやさしい、オーダーメイドのがん治療です。
東京大学医科学研究所発の細胞培養技術、
並びに、世界中で研究開発が行われているWT1ペプチド、
これら二つの技術の融合によって、この治療が生まれました。
・樹状細胞とは樹状細胞とは、枝のような突起(樹状突起)を持つことにその名を由来する免疫細胞です。この樹状細胞は、体内で異物を捕食することによりその異物の特徴(抗原)を認識し、リンパ球(異物を攻撃する役割を持つT細胞等)にその特徴を覚え込ませます。これにより、そのリンパ球が異物のみを狙って攻撃することができるようになります。
・樹状細胞の働き

・樹状細胞のがん治療への応用樹状細胞ワクチン療法は、上記の樹状細胞の働きをがん治療に活かしたものです。
具体的には、まず、樹状細胞に、患者様のがん組織や人工的に作製したがんの特徴を持つ物質(がん抗原)の特徴を認識させ、その樹状細胞を患者様の体内に戻します。これにより樹状細胞がリンパ球にがんの特徴を覚え込ませ、リンパ球はがん細胞のみを狙って攻撃するようになります。
このように、樹状細胞ワクチン療法は、がん細胞のみを狙って攻撃でき、正常細胞を傷つけないことから、「がんに厳しく、患者様にやさしい」治療といえます。
樹状細胞ワクチン療法は、いわゆるがん免疫療法の一つです。がん免疫療法の歴史は1970年代から続くもので、その種類は多岐に亘りますが、樹状細胞ワクチン療法は、がん細胞のみを狙って攻撃できる「特異的免疫療法」と呼ばれる方法に属する、最も新しい世代の治療法の一つです。

技術的には「テラ」と言う会社が技術開発している。
株式上場もしている。

2011年11月に
日本テレビ『ザ!世界仰天ニュース』でも、
樹状細胞ワクチン療法が紹介されました。