カニキチンBS(キトサン)日本製・セイシン企業

日本国内で水揚げされた、紅ズワイガニを原料として使用、

超微粉末処理技術の最先端を行くパイオニア企業として有名な「セイシン企業」だからできた良質のキチン・キトサン

商品形態:ソフトカプセル


カニキチンBS(カニ殻含有食品)
カニキチンBSは、カニやエビなどの甲殻類の殻などに多く含まれている、自然界から生物生産されている数少ない希少な高分子物質(ポリマー)であるキチン・キトサンに、しそ油(α-リノレン酸)や海藻カロチン(β-カロチン)を配合した健康補助食品です。・粒状で水やお湯等でお召し上がりいただけます。
【商品名】カニキチンBS
【内容量】52.5g(250mg×210粒)
【原材料】(被包剤)ゼラチン、グリセリン(内容物)しそ油、キチン・キトサン、抽出ビタミンE、海藻カロチン、無臭ニンニク末、大豆レシチン、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル
【販売者】株式会社セイシン企業

キチン、キトサンの製造法について
原料の甲殻類殻からタンパク質とカルシウムを取り除き、キチンがえられます。キチンから脱アセチル化後に、水洗、乾燥、粉砕を経てから製品のキチン・キトサンが出来上がります。
=======
キチンはN-アセチル-D-グルコサミンがβ-1.4結合した直鎖型の多糖類で、カニ殻から炭酸カルシウム、タンパク質、色素などを除いて精製して製品化しております。
キトサンはD-グルコサミンがβ-1.4結合した直鎖型の多糖類で、キチンのアセチル基を外して精製したものです。
多糖類の粉砕は困難ですが、体内での吸収性を上げる為に弊社(株式会社セイシン企業)の粉砕技術を駆使して微粉末に致しました。
これまでの研究によりキチン・キトサンの様々な特性が発見され、人に有用なバイオマスとして食品、医学、農業、工業、環境の各分野から注目されている物質です。